ヘルペス 頭痛 治療

ヘルペスによる頭痛の治療

スポンサーリンク

ヘルペスは、幅広い年代に発生する病気ですが、別名として帯状疱疹とも言われています。
これは、特に胴回りの部分で発生するときに、帯状に水泡が出来るために、このように呼ばれているのです。
このため、ヘルペスと言えば胴回りの肋間神経に生じるものと、多くの人が認識しやすいのです。
ところが、この病気は胴回りばかりでなくて、頭の部分にも発生することがあります。
先述のような認識があることもありまして、単なる皮膚障害と認識することが多いのです。
また、良く知られる筋緊張型や血管型といった、頭痛と認識することもあります。
こうした認識のずれがあるときには、肝心の治療の開始が遅れるようになって、後遺障害が残りやすいのです。
スポンサーリンク

後遺障害としては、神経痛が一般的ですが、頭の近くには目や耳などの感覚器が集中しています。
このため、これらの感覚器の機能障害が残ることも、ときとして存在するのです。
以上のことから、他の部位のヘルペスよりも、出来るだけ早く治療を開始するべきだと言えるのです。
具体的な治療法としては、抗ウイルス剤の軟膏と飲み薬を用いることから始まります。
この抗ウイルス剤の軟膏は、口の周囲などによく出来る、いわゆる熱のはなにも使用されます。
使用する際の注意としては、水泡が破れないようにすることが大切です。
次に飲み薬を使用する際の注意としては、決められた量を時間通りに服用することです。
これは、体内の薬の成分の濃度が一定以上にないと、薬の効果が発揮されないためです。
こうした注意点を守ると、後遺症を残す確率が低くなります。
スポンサーリンク