生理期 頭痛 原因

生理期の頭痛の原因とその対処法

スポンサーリンク

女性の月経周期において、卵子が入っている袋(卵胞)が成熟して裂けて、卵子が放出する事を排卵と言います。
この卵子が精子と結びつくと、授精して妊娠に至ります。
妊娠が起きなかった場合は、生理が起こります。
排卵が終わり生理を繰り返すなか、ホリモンバランスが急激に変化します。
それは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモンの急激な増減です。
生理期の頭痛の原因の一つは、この2種類のホルモンの増減が自律神経のバランスを乱すことです。
さらにエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少すると、人間の体や精神状態を整える役目のある脳ないの神経伝達物質セロトニンが減少します。
セロトニンの減少は、脳内血管に作用をするために頭に痛みを起こします。
スポンサーリンク

生理前の頭の痛みにはしたがって2種類あります。
エストロゲンとプロゲステロンが急激に増減する事で起きる自律神経の乱れによるものです。
この場合は、交感神経が緊張して頭部の血流を不足させ細胞が酸欠状態になります。
肩から首にかけての筋肉を緊張させ緊張肩頭痛と呼ばれます。
この痛みは、頭全体が圧迫され、締め付けられるようです。
もう一種類の神経伝達物質セロトニンが減少して起きる頭の痛みは片頭痛です。
セロトニンが減ると、脳の血管は急激に収縮しますが、その後過剰に拡張しますので、血管を取り巻いている三叉神経が刺激されて偏頭痛が起きるのです。
脈と同じリズムでずきずきと痛みます。
緊張型は後頭部を温めリラックスするとよく市販の痛みどめも効果があります。
片頭痛は頭を冷やして暗い部屋で休むといいのですが、市販の痛み止めでは効果はありません。
医療機関を受診するといいのです。
スポンサーリンク