頭痛 原因 糖分

頭痛の原因の一つに糖分がある

スポンサーリンク

糖分が足りない場合と摂りすぎた場合が原因による頭痛というのがあります。
まず、糖分が体に足りていないため起こる頭痛というのは、「低血糖症」です。
低血糖症とは、栄養が偏っていたり不足していたり、また過剰に摂取することにより血糖値が低くなるという疾患です。
血糖値が低くなると血液中のブドウ糖が足りなくなり、脳の活動や機能が低下してしまうため頭痛や眠気、そしてめまいなどを起こしてしまうのです。
そんな時は甘いものなど糖分を摂取することにより、下がりすぎた血糖値を上げることができて痛みが和らいだりするのです。
ただ、このように原因を解決するのはさらに血糖値のバランスを不安定にさせるだけなので、避けた方が良いのです。
ではどうしたらよいのかというと、普段からバランスよく栄養を摂る必要があります。
無理なダイエットなどにより低血糖症になってしまうと、糖尿病などにかかるリスクも増えるからです。
ですから、日々の食事に気を付けて運動などを行いダイエットすることが大切なのです。
スポンサーリンク

もう一つの原因である、糖分の過剰摂取による頭痛ですがこちらも低血糖や糖尿病に気を付けなければいけません。
沢山甘いものなどを摂取することにより高血糖の状態になってしまいます。
高血糖から通常の状態に戻すには、インスリンという物質が膵臓から分泌されます。
このインスリンが分泌されるのが多ければ多いほど、膵臓が正常にインスリンを分泌しなくなり低血糖を引き起こすのです。
食べ過ぎても食べなくても低血糖症になってしまう可能性があるということです。
また、甘いものを食べた時に脳がセロトニンという物質を分泌します。
セロトニンは脳の血管を拡張してしまい、その結果片頭痛などを引き起こすといわれています。
2重に頭痛を引き起こすといわれているため、糖分の過剰摂取は体に悪影響を引き起こしているのです。
食べなくても沢山食べても引き起こしてしまうため、バランスよく摂取することが一番大切なのです。
頭が痛いと感じたら、自分の糖分の摂取量を考えてみることが大切です。
スポンサーリンク