おたふく風邪 症状 頭痛

おたふく風邪の症状は酷い状態で頭痛や腰痛を引き起こす

スポンサーリンク

おたふく風邪とは正式名称を流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)と呼ばれる病気の一種のことを言います。
この病気に掛かると耳下腺と呼ばれる耳の下から顎下腺と呼ばれる顎の下までぷっくりと腫れてしまう状態になります。
その見た目がお面のおたふくに似ていることから、通称おたふく風邪と呼ばれています。
病気の症状は顔の腫れに痛みが生じる他に発熱を引き起こし、酷い状態になると頭痛や嘔吐や腰痛が発生することがあります。
症状が特に酷く家での療養が難しいと感じる場合は病院へ行き入院することをお勧めします。
おたふく風邪に感染した場合はインフルエンザと同じく出席停止や出勤停止の扱いになるためすぐに学校や職場へ連絡を入れてください。
病気なのに大げさだと考える人もいるかもしれませんが、この病気は咳やくしゃみによる飛沫感染を引き起こしインフルエンザ並みに感染力が強い特徴があります。
その上、酷い症状の場合では起き上がることができないほどの頭痛や腹痛に見舞われることがあるため、決して無理をせずに自宅や施設で静かに療養を行ってください。
スポンサーリンク

おたふく風邪には有効性の薬がないため、安静にしつつ顔の腫れを冷やして痛みを和らげる療養方法で病気を治します。
この時、熱による脱水症状を起こすことを防ぐために水分の補給を忘れずに行うようにしましょう。
注意点としては看病を行う場合は病気がうつってしまう可能性があるためマスクの着用やうがいや手洗いを行い感染を防ぎましょう。
他に合併症が発症すると頭痛や腰痛の症状が酷くなることがありますのでそちらもご注意ください。
食事では硬いものや酸味のある食べ物は腫れを刺激してしまうため避けて、柔らかいものを食べるようにします。
入浴については熱がある時や痛みがある時は入らないようにしてください。
入浴した場合は温かいタオルで全身を拭くようにすると良いです。
感染の目安は約10日ほどになりますが、顔の腫れが完全に治まるまでは外出できません。
熱がなくても顔が腫れている場合はまだウイルスを保持している可能性があるため、不注意で感染者を出す恐れがあります。
腫れがなくなったことを確認して外出しましょう。
スポンサーリンク