癌 症状 頭痛

癌による頭痛症状について

スポンサーリンク

癌は身近な病のうちの一つです。
様々な部位に発生し、体を蝕んでいきます。
肺ガン、胃ガン、大腸ガン、肝ガン、乳ガン、胆嚢ガン、胆管ガン、膵ガン、卵巣ガン、子宮ガン、口腔ガン、脳腫瘍等が広く知られています。
発現する部位によって症状も様々ですが、痛みの原因は大きく4つに分類されます。
まず「癌自身による痛み」です。
胃や腸といった内臓が塞がるとそれぞれの器官が収縮し、痛みがでてきます。
痛む部位はその患部によります。
癌が進行して大きくなると腫瘍部分が引き延ばされて痛みがでることもあります。
さらに、血管にまで浸潤すると血管が伸縮して灼熱感を感じたり、血管が塞がれると貧血の症状がでてくることもあります。
癌が脳にまで転移すると頭痛を誘発します。
頭痛等のよくある体の不調が、実は癌であるという可能性もあるので、体に違和感がある場合には病院での受診が大切になってきます。
早期に発見し治療できれば、その後の転移や浸潤を食い止めることができます。
スポンサーリンク

痛みの原因として2つ目に「ガン治療によっておこる痛み」があります。
患部そのものが痛む場合以外にも、手術によって痛んだり、抗ガン剤の副作用や放射線治療の副作用によって痛みが現れることがあります。
3つ目に「衰弱による痛み」があります。
体が衰えていくことで痛みが起きます。
また、腸などの器官が衰えて便秘となったり、体が動かないことで床ずれを起こしたり、口内炎ができる等して痛みを感じます。
4つ目に「ガンとは直接関係のない痛み」も挙げられます。
片頭痛や緊張性頭痛、筋肉の痛み、関節炎、神経痛、帯状疱疹やその他の炎症性の痛みです。
これらは自己免疫力が低下することで現れる症状です。
また、身体的な症状以外にも、精神的にも多大なる影響を与えます。
特に不安や不信、怒りやうつといった精神状態に陥ることが多く、そのような精神状態が痛みを悪化させることもあります。
癌は怖い病気ではありますが、自身の状況を把握し、医師や家族と協力して治療していくことが大切になります。
スポンサーリンク