栄養失調 症状 頭痛

栄養失調の症状、頭痛などについて

スポンサーリンク

栄養失調の症状の代表的なものとして、頭痛やめまいが挙げられます。
そのほかの症状としては、肌にツヤがない、免疫力の低下、倦怠感・疲労感、爪が白くなるなどが挙げられます。
栄養失調になると、体内の鉄分が不足します。
鉄分は、体内に酸素を送る役割を担っていますので、鉄分が不足すると貧血になります。
結果として、頭痛やめまいが生じるというわけです。
日頃から鉄分を積極的に摂取するように心がけましょう。
鉄分は、肉類や海藻類に多く含まれています。
また、手軽に摂取することができる、サプリメントの利用も有益です。
 体内に鉄分が不足して酸素不足の状態になると、血流が滞るようになります。
酸素不足を認識した脳は、血管を広げて酸素を多く取り込もうとします。
脳の太い血管の近くには神経が通っていますので、広がった血管が神経を刺激してしまい、頭痛が生じるようになります。
つまり、鉄分の欠乏による栄養失調の症状として、頭痛を引き起こすということです。
スポンサーリンク

 正常な血液はサラサラしているのすが、マグネシウムが不足した栄養失調の状態の血液は、ドロドロしています。
血液がドロドロして詰まるようになることでも、頭痛は生じます。
マグネシウム不足が原因の頭痛の場合には、海藻やナッツ類を積極的に摂るようにしましょう。
栄養失調の症状が出ている人は、日頃からワカメやピーナッツを食べるようにすることで、血管がやわらかくなり血流が良くなります。
血液がスムーズに流れるようになると、頭の痛みは軽くなります。
 また、ホルモンのバランスが崩れることでも、頭は痛くなります。
更年期を迎えた40歳以降の女性に多い栄養失調の症状が、ホルモンバランスが乱れることによって、ストレスや倦怠感を過剰に感じるようになるということです。
自律神経の乱れによって、頭が痛くなります。
この場合には、豆乳や枝豆、納豆、大豆など、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂るということが有効です。
スポンサーリンク