PM2.5 頭痛 治療

PM2.5飛来による頭痛の関係と頭痛の主な治療方法とは

スポンサーリンク

中国の大気汚染の悪化に伴い、近年問題視されている日本へのいわゆるPM2.5物質の飛来は今や誰しもが悩まされる問題です。
PM2.5とは2.5マイクロメートル以下の物質の総称の事で、花粉より小さな物質が飛散することで、呼吸器に対して何らかの障害を引き起こすことで問題視されています。
特に呼吸器系に病気をもっているかたや年配の方などは重症化しやすいことで注意が必要になります。
最近では対策でマスクをしている方も多いですし、飛来状況も天気予報などで紹介することもありますので今や当然のように扱われているのが現状です。
このPM2.5の発生に伴い様々な身体的症状が出ている方も増えていると思います。
咳や、のどの痛み・目のかすみなども原因の一つでしょう。
では頭痛がするといった場合はどうでしょうか。
有害物質の飛来によって頭痛がするというのは基本的に考えにくいというのが現状ですが、むろんその可能性は否定もできません。
この飛散した物質は化学物質が含まれており、呼吸器には異常があるが、その他の部位に及ぶというのは、まだ詳しくわかっていないからです。
スポンサーリンク

頭痛に関して言えば、その状態や状況に応じてPM2.5との因果関係について判断をしてきます。
もし現在治療中の病気があれば、その病気が原因で引き起こされている可能性はありますし、またPM2.5が飛来している状況の時だけ頭痛がするのであれば、この有害物質によって引き起こされたものが原因の可能性が高いので、具体的な対策と治療を行わなければなりません。
多くの場合考えられる要因としてアレルギー症状が挙げられます。
もともとアレルギー体質であれば、その症状が悪化するケースも考えられますし、アレルギーなど出たことがなかった方は、アレルギーを持っていたが今まで出たことがなかった。
この有害物質のもつ化学物質に反応して頭痛が引き起こされた可能性が高いです。
では具体的な治療はというとアレルギーを治すことです。
とは言ってもなかなか治療が難しいのがアレルギーですが、専門の医療機関で耐性をつけていく方法などで長く病気に向き合っていかなければなりません。
基本的にはアレルギーを誘発させないようにPM2.5の濃度が高いときは外出を控えたり、マスクの着用や空気清浄機の設置など予防をすることが頭痛を防ぐ一番早い方法ではないかと思います。
スポンサーリンク