PM2.5 頭痛 原因

PM2.5は頭痛の原因になるのでしょうか

スポンサーリンク

PM2.5が直接の原因となって、頭痛が起きるということは考えにくく、頭痛が起こる場合には、もともとアレルギー体質である方が、PM2.5によってアレルギーを悪化させてしまい、頭痛を引き起こすと考えられます。
 PM2.5の成分については、炭素、アンモニウム、硫酸塩、ケイ素、アルミニウム、硫酸塩などとなり、超微粒子となりますので、吸い込むと肺の奥深くまで入り込んでしまいます。
ゆえに、頭痛というよりもぜんそくなどの呼吸器系の疾患や、循環器系の疾患に対するリスクが高くなります。
 PM2.5が原因となって、体調悪化を引き起こす具体的なものとしては、喉の痛みは短期間で現われます。
また、結膜炎や鼻炎症状、咳などが挙げられます。
ニオイによって気分が悪くなる方も多く、ニオイが頭痛を引き起こす原因になっている可能性もあります。
長期的に吸い込むことによって、呼吸器系や循環器系の疾患が現れるようになりますので、もともとそれらの疾患を患っている方は注意が必要です。
 スポンサーリンク

 PM2.5の飛散は、環境汚染や大気汚染の原因になっているだけではなく、人体にもさまざまな悪影響を及ぼします。
物質の種類に関係なく、その物質の大きさが2.5マイクロメートル以下のものが、PM2.5ということになります。
2.5マイクロメートルといえば、人間の目には見えないレベルの有害な超微粒子となります。
 日本にも大量に飛散してくる、中国での発生が問題となっていますが、中国国内では、発電や工場で質の悪い安価な石油や石炭を使用しており、何ら環境設備対策を施さないままそれらを燃やすことが、大きな原因となっています。
また、中国でガソリン車が普及したことも原因として挙げられます。
タバコの煙にも含まれている、超微粒子となります。
 超微粒子であるがゆえに、浮遊距離も長くなり、中国から大量に運ばれてくるというわけです。
2.5マイクロメートルとは、髪の毛の太さの30分の1の大きさとなります。
特に、九州や四国などでは、環境基準値を超える量が観測されています。
スポンサーリンク