着床 頭痛 対処

着床時の症状である頭痛の原因と対処法

スポンサーリンク

受精卵が着床することによって、頭痛の症状を訴える人も少なくありません。
着床した後には、妊娠を継続するために必要な女性ホルモンが分泌されるようになります。
この女性ホルモンは、血管を形成している平滑筋をゆるめる働きがあり、結果として血管が広がりますので、子宮への血流が良くなり、着床した受精卵の居心地は良くなります。
 血管の平滑筋は、子宮周辺だけがピンポイントでゆるむのではなく、全身で起こる働きとなりますので、頭部の血管も広がって血流が促進されます。
頭部の血管の近くには神経が走っていますので、ゆるんだ血管が脈を打つことで神経を刺激してしまい、痛みとして伝わり、頭痛が引き起こされるというメカニズムとなります。
 さらに、妊娠すると骨盤が不安定になり、身体のバランスが崩れます。
結果、腰痛や肩こりを引き起こすようになり、この肩こりによっても頭痛が引き起こされる場合があります。
着床することによって、頭痛のほかにもさまざまな不快症状を感じるようになります。
頭痛に関しては、通常、妊娠16週以降には痛みが軽くなります。
スポンサーリンク

 前述しましたように、着床後の頭痛は血管がゆるんで広がったことが原因となりますので、痛む部位の血管を氷嚢や保冷剤で冷やすという対処法が効果的です。
冷やすことによって、広がった血管が収縮しますので、痛みを抑えることができます。
また、痛む部位を冷やす以外にも、後頭部やこめかみを冷やすという対処法も有効です。
 肩こりが原因の場合には、コリを感じる部位をほぐすという対処法が有効です。
肩を温めることによって、コリをほぐすことができますし、肩や首のストレッチもコリをほぐすことができます。
ただし、自己判断で市販の痛みどめを飲むという対処法は厳禁です。
つらい場合には医療機関を受診し、着床時期は妊娠も確定していませんので、妊娠している可能性があることを伝えましょう。
 女性の身体はデリケートなので、個人差はあるものの妊娠した場合には、超初期からなんとなく身体の不調を感じる場合が多く、排卵して2週間後、妊娠3週〜4週のあたる時期には、頭の痛みをと訴える人は多いのが現状です。
スポンサーリンク