頭痛 ピキッ 原因

ピキッと痛む頭痛の原因とは

スポンサーリンク

頭痛には様々な原因によって頭が痛くなりますが、日常的におこる主な原因として、アルコール摂取時の二日酔いや、冷たいかき氷を食べた時に起こるキーンといった痛み、風邪などのねつがある時の頭痛です。
これらの頭痛は軽いことが多く、慢性化する様な心配はないです。
脳などの病気が原因で起こる頭痛で、時として命にかかわるものがあります。
激しい頭の痛みを起こす脳の病気の代表はくも膜下出血、脳梗塞などがあります。
言語障害、記憶障害、血圧が異常に高いなどの症状がでます。
また頭の痛みが治まらず、日常生活が困難なとき、このような激しい痛みの場合は、早めに医療機関にかかる事をおすすめします。
CTスキャンやMRIなどの検査を受ければ診断がつきます。
スポンサーリンク

後頭部の耳の後ろ、もしくは後頭部の左右どちらかがピキッっと衝撃が走るような頭の痛み、ズキっとした一瞬の痛みが間隔を置いて続く、そんな症状が何時間も続いたり数週間続いたりそのような症状がある場合、後頭神経痛の可能性があります。
後頭部には後頭神経という神経が通っています。
この後頭神経が何らかの刺激により生じる頭の痛みが、後頭神経痛です。
血管が拡張することによって痛みが発生する片頭痛とは異なり、神経自体が何らかの理由で刺激が与えられているのが原因です。
後頭部の神経が刺激を受けてしまう原因には、頭を強くぶつけたなどの外傷でも神経が傷つき、炎症を引き起こす事があります。
また過度の精神的ストレスは全身の筋肉をこわばらせ、首や肩周りの筋肉もその影響を受けます。
特にピキっとした痛みが強い場合、後頭部の痛む部分にアイシングして冷やすと効果的です。
スポンサーリンク