副鼻腔炎 症状 頭痛 熱

副鼻腔炎の症状に頭痛と熱があるのか

スポンサーリンク

副鼻腔炎とは副鼻腔に炎症が起きる病気のことを指します。
慢性的に副鼻腔に炎症が起きている場合は蓄膿症と呼ばれることもあります。
何故炎症が起きるかというと副鼻腔にウィルスや細菌などが感染するためです。
急性の副鼻腔炎では風邪などの症状に引く続いて発症することが多く、発熱や頭痛や鼻づまりや鼻水など様々な症状が77出ることがあります。
また風邪以外でもアレルギー性鼻炎などで鼻づまりがひどくなることをきっかけにして症状を発することもあるので注意が必要になります。
急性副鼻腔炎の場合は、1週間から2週間程度で症状が治まることが多いのですが、症状が長引いたり、繰り返すようになったりすると慢性副鼻腔炎が疑われるようになります。
スポンサーリンク

副鼻腔炎を放置すると中耳炎を引き起こすことにつながるため治療が必要となります。
治療には薬物療法やネブライザーを使った治療などが行われます。
それでも治らない場合は手術をすることもあります。
薬物治療では消炎酵素剤や解熱鎮痛剤を用いることがあります。
またそれらと共に細菌をやっつける抗生物質を投与するのが一般的な治療法です。
また痰や鼻水を出しやすくする薬も用いられることがあります。
また耳鼻科ではたまった鼻水を吸引して取り除く鼻吸引や上顎洞に炎症がある場合は鼻洗浄を行うこともあります。
更には抗菌剤やステロイドを含んだ薬液を霧状にして吸引するネブライザー療法がおこなわれることもあります。
これらの治療でも改善しない場合は手術療法も行われます。
スポンサーリンク