受精 症状 頭痛

受精してすぐの妊娠超初期に頭痛などの症状が起きる原因と対策

スポンサーリンク

受精してすぐの妊娠超初期には様々な体の不調が現れますが、これは妊娠によるホルモンバランスの変化に体が対応しきれないためです。
主な症状には微熱や肌荒れ、眠気などがありますが、頭痛(ほとんどが片頭痛)もその内の一つです。
妊娠超初期に起こる頭痛の主な原因は、この時期に大量に分泌される黄体ホルモンの影響によるものです。
黄体ホルモンは、受精卵を守るために子宮内膜を柔らかくしたり、血液循環を良くするために血管を拡張する働きがあります。
しかし、血管の周りには神経があるので、血管が拡張されると神経が圧迫されて頭痛が起こります。
また、その神経から痛みが伝わる途中に嘔吐に関係する中枢神経があるので吐き気を伴うことがあります。
その他に、ストレスや妊娠による体調変化が原因となることもあります。
スポンサーリンク

妊娠超初期の頭痛対策は、冷やしたタオルなどを使って痛む箇所を冷やすのが有効です。
冷やすことで広がった血管が収縮するので、痛みを和らげることができます。
また、動くと痛みが増すので痛みが強い時はなるべく安静にしていることが大切です。
この時期は光や音に過敏になっているので、できるだけ部屋は暗くした方が効果的です。
首や肩の凝りが原因の場合は、ストレッチをしたりぬるめのお風呂にゆっくり入るなどして血行を良くすることで痛みを和らげることができます。
どうしても我慢ができないくらい痛みが強い場合は、早めに病院で診察を受けることが大切です。
妊娠中は薬の制限を受けることが多いですが、漢方薬などの妊娠中でも飲める薬を処方してもらえば症状を改善することが可能です。
スポンサーリンク