頭痛 こめかみ ズキズキ 原因

こめかみがズキズキするひどい頭痛…原因と対処法

スポンサーリンク

耳の横のこめかみから目の辺りまでが、脈打つようにズキズキと痛むことがあるという方が多くいらっしゃいます。
これは片頭痛です。
血管が過度に拡張して生じる炎症が原因の痛みであると考えられています。
特徴は、片側または両側のこめかみから頭の前の部分にかけてズキズキと痛む、頭を動かすとさらに痛みがひどくなる、頭痛以外に吐き気や嘔吐をともなう、普段は気にしないような光・音・臭いに敏感になるというのが挙げられます。
また片頭痛を起こしやすい体質の方は、月1〜2回や週1〜2回といった定期的に繰り返し痛みに襲われることが多いです。
引き金となるのはストレスから解放されるような時です。
休日や旅行先などでリフレッシュしようとしたときに急激に血管が拡張し、痛みの原因となるとされています。
スポンサーリンク

対処法は、痛みの原因である拡張した血管を元通りに収縮させることです。
つまり、氷や冷えたタオルなどでズキズキと痛む部分を直接冷やします。
血管が収縮してくると痛みもやわらぎます。
逆に温めてしまうと、さらに血管が拡張し痛みがひどくなります。
そのため入浴や飲酒は控えた方が良いです。
また動くと痛みがひどくなりますので、安静にして体を休めてください。
光・音・臭いも症状に響くので、これらの影響の少ない場所が最も適切です。
カフェインは血管を収縮させますので、頭痛が始まったと思ったらコーヒーを飲むと痛みがやわらぐ可能性があります。
片頭痛は体質に関わる病気なので完治は難しいのですが、最近はよく効く薬も出ています。
あまりに日常生活に支障をきたす場合は、医師の診察を受けてください。
スポンサーリンク