夏場 頭痛 原因

夏場に頭痛を引き起こす原因

スポンサーリンク

今では国民の4人に1人が悩まされているという頭痛。ふとした瞬間に頭が痛くなったりするととてもつらいですよね。
夏場に原因不明の頭痛に悩まされている方も多くいらっしゃるようです。
その原因として様々なことが考えられますが「天気の変化」も原因のひとつだと言われています。
また暑い日に、首や頭部をアイスノンで冷やしすぎたり、クーラーを一日中付けっ放しにしていると身体が冷えてしまいます。
身体が冷えると、筋肉が収縮して血流が悪くなり、体温の調整をしている自律神経が乱れ頭痛を引き起こすこともあります。
他にも熱帯夜が続き睡眠不足になると、エネルギーが不足して夏バテの症状として現れたり、強い日差しによる目の疲れからくるもの、暑さによる低血圧・血管の拡張などからくるものなど様々な原因が考えられます。
スポンサーリンク

夏場の頭痛の原因で、多くの方が経験があるとされているのは「熱中症」からくるものです。
気温の高い環境で、長時間の作業や運動などをしていると、体内に熱がこもってしまい体温が上昇します。
そして急激に大量の汗を掻くと、体内の水分や塩分のバランスが崩れてしまい、筋肉や神経などの様々な部分に影響を及ぼしてしまいます。
水分が不足していると脳に流れる血液の循環が悪くなり、頭痛を引き起こすこともあります。
また熱中症にかかったことにより、体の調節機能が一時的に狂ってしまうと、一週間ほど続いてしまうこともあるようです。
暑い場所に長時間いる時には、スポーツドリンクや水を飲んできちんと水分補給することを心がけることが大切です。
スポンサーリンク