頭痛 原因 側頭部

側頭部の頭痛の原因と治療

スポンサーリンク

頭が痛いと自覚するときというのは、意外なほどバリーエーションに富んだパターンが存在するものです。
例えば、筋緊張型の場合には、原因となる神経のある後頭部ばかりではなくて、頭頂部の痛みを感じることがあります。
しかし、このタイプの場合には、側頭部が痛くなることは、比較的頻度が低くなります。
では、この側頭部が痛くなるタイプはと言いますと、片頭痛がこれに当てはまります。
片頭痛は、血管型のものですから、血管が炎症を起こすことで、痛みが発生します。
側頭部には、外から触知することの出来る、側頭動脈が存在しますので、原因となることが理解できるのです。
次に、この片頭痛の痛みに対する治療法ですが、中心となるのは薬物療法になります。
スポンサーリンク

これは、先述の筋緊張型の場合が、筋肉の緊張を緩和させることが、中心だということと対照的です。
具体的な薬物療法としては、症状の程度によって、薬の種類を使い分けます。
まず、軽度の痛みの場合には、一般的な非ステロイド性消炎鎮痛剤を使用することが多くなります。
ただしこの薬の場合には、胃腸障害が起こすことがありますので、長期服用には特に注意をすべきです。
例えば、胃潰瘍などが典型的なものになります。
次に中程度以上になりますと、血管の炎症に特異的に働く薬を利用する必要があります。
このタイプの薬の場合には、医療機関で処方してもらわなければなりません。
特に、さまざまな科のうちでも、神経内科が専門になりますので、受診すると良い結果に繋がります。
スポンサーリンク