頭痛 場所 症状

頭痛の場所と症状から種類を見分けましょう

スポンサーリンク

頭が痛い事で日常生活に支障が出てる方やせっかくの旅行を楽しめないという方は多いです。
しかし、頭が痛くなった時でも、自分の頭痛の種類を知っていれば適切に対処する事が可能です。
そこで痛みの場所と症状から種類を見分ける方法を説明していきます。
まず、頭の痛みは大きく2種類に分けられます。
原因となる病気が見当たらず、肩や頭部周辺の筋肉の緊張、頭部の血管が拡張することによって起こると考えられている一次性のものと、原因となる病気が存在する二次性のものです。
二次性では、くも膜下出血や脳腫瘍等の危険な病気が原因となる場合があります。
そのため、これまでに初めて経験するような痛みや手足の麻痺やしびれ、痙攣、激しい嘔吐を伴う頭の痛みであれば、すぐに病院へ行く必要があります。
スポンサーリンク

では、一次性の頭の痛みの種類の見分け方を説明します。
一次性には、緊張型、片頭痛、群発頭痛の3つの種類あります。
緊張型の症状は、比較的長い間持続する事が多いです。
頭の両側か頭全体、後頭部が締め付けられるような痛みや重苦しい鈍痛が起こります。
また、肩こりやふわふわしためまいを伴うことがあります。
片頭痛の症状としては、頭の片側に脈を打つような強い痛みが起こる事が特徴です。
週に2回から月1回程度起こる事が多いです。
動くと痛みが悪化し、時々寝込むほどに痛むこともあります。
群発頭痛は、1ヶ月から2ヶ月の間に集中してほぼ毎日起こります。
痛みは15分から3時間続き、目の奥がえぐられるような激痛が起こります。
さらに、目の充血や涙、鼻水などを伴うことがあります。
スポンサーリンク