pm2.5 症状 頭痛

pm2.5による症状に頭痛はあるのか。

スポンサーリンク

最近、pm2.5の飛散が話題になっており環境汚染や大気汚染の原因となっています。
それが体に及ぼす危険性には様々なものが挙げられます。
まず、pm2.5とは物質の種類に関係なく、その物質の大きさが2.5マイクロメートル以下のものを指します。
目には見えない超微粒子です。
中国で話題になっているpm2.5の原因は、発電や工場で質の悪い安価な石油や石炭を環境設備を整えずに燃やすことで発生しています。
また、中国ではガソリン車が増えてきたことも原因として挙げられます。
さらに、最近ではタバコの煙にも含まれていることが分かっています。
成分としては、炭素、アンモニウム、硝酸塩、ケイ素、アルミニウム、硫酸塩などを含み、名前を聞いただけでも体への悪影響は想像できます。
スポンサーリンク

pm2.5は超微粒子なので吸い込むと肺の奥まで安易に入り込んでいきます。
それによりぜんそくなどの呼吸器疾患や循環器疾患などのリスクが非常に高くなります。
特に、高齢者や子ども、もともと呼吸器疾患や循環器疾患を患っている方は注意が必要です。
具体的な症状として、まず短期間で現れるものでは喉の痛み、結膜炎、鼻炎症状、咳やにおいからくる気分の悪化などが挙げられます。
長期的な暴露によって徐々に現れる症状としては狭心症などの循環器疾患、ぜんそくや肺気腫などの呼吸器疾患などが挙げられます。
そして、頭痛は直接的に現れる症状としては考えにくいです。
もし、頭痛が起こるとしたらそれは、もともとアレルギーを挽き押しやすい体質である場合に、pm2.5がそのアレルギーを悪化させることで起こっていると考えられます。
いずれにしても専門家へ相談することが一番大切です。
スポンサーリンク