着床 症状 頭痛

着床のときに頭痛があらわれる症状

スポンサーリンク

女性の体はとてもデリケートで、特に生理前や生理中、排卵時などには体調の変化を感じることが多いでしょう。
また、妊娠した場合は、超初期から、なんとなくいつもと違う感じがするということもよくあるようです。
通常、妊娠した場合に、つわりなどの明確な症状がでてくるのはだいたい6週くらいで、これは排卵がおこる2週目から1ヶ月ほどたってからのことです。
ただ、人によっては、着床時に痛みや不快感を感じる人もいるようで、頭痛や腹痛といった症状が現れることもあるようです。
この症状がみられるのは、排卵してから約2週間後で、妊娠3週から4週にあたる時期です。
精子と卵子が無事に出会っても、きちんと着床するまでは妊娠は成立しません。
妊娠を希望する人にとっては、とても大切な現象です。
スポンサーリンク

妊娠を希望している人は、排卵後1,2週間の間、ちょっとしたお腹の痛みや頭痛なども気になってしまうことでしょう。
着床時の痛みや不快感は無い人のほうが多いといわれますので、もしかしたら風邪やその他の症状であるかもしれませんが、それでも敏感になってしまいます。
着床時の痛みの場合、頭痛や腹痛は、長期間続くものではなく、長くても2,3日で収まってしまうことが多いようです。
また、この時期に妊娠検査薬を使用しても、判定はできません。
通常の検査薬は生理予定日から1週間たってから、早期検査薬でも生理予定日当日以降に反応がでるようになっているので、着床しているか気になっても、あと2週間ほどまってからチェックしてみましょう。
スポンサーリンク