頭痛 症状 治療

頭痛の原因と治療法

スポンサーリンク

頭痛というと頭が痛むということを思い浮かべると思いますが、一口に頭痛と言ってもいろいろな種類が存在します。ズキズキするような痛みや、ガーンと重いような痛み、頭全体がキューッとするような痛み。自分の予期しない時に起こってしまうのが頭痛ですよね。頭痛はとてもつらいことです。

 

いろいろな痛みがありますが、このサイトでは、そんな頭痛に関する、原因や症状、治療法などについて解説していきたいと思います。思い当たるフシがありましたら、ぜひ見ていってください。
頭痛には大きく分けて3つの種類があります。
まずひとつ目に、もともと慢性頭痛を持っている人の頭痛があります。片頭痛や、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。
他には生体反応として、おこる頭痛があります。二日酔いの時、朝起きた時のあのなんとも辛い頭痛や、アイスクリームや、かき氷を食べた時など、にツーンと頭が痛くなるような、頭痛があります。
そして最後に病気が原因で、起こっている頭痛があります。身体の何処かの部分の病気が原因で起こっているので、中には命に関わってくる病気のサインということもありますので、この頭痛に関しては注意が必要となってきます。

スポンサーリンク

この症候性の頭痛は、何らかの病気が原因で起こっています。とくに頭には脳というとても大切な器官が詰まっていますので、時に注意が必要です。疑われる病気として、脳腫瘍やくも膜下出血、脳梗塞などがあります。これらの病気は命に関わりますので、すぐに治療を受ける必要があります。

 

そんな頭痛といっても普通の頭痛とは、見分けがつかないと思います。頭痛には、怖くない頭痛と怖い頭痛があります。この見分け方をどのように行っていけばいいのか考えていきたいと思います。
怖くない頭痛とは、慢性的な頭痛です、過去にも経験したことのあるような頭痛です。偏頭痛や、緊張型頭痛や、群発頭痛などを指します。
一方怖い頭痛の典型的な症状としては、過去に経験したことのない、意識を失うほどの突然の激しい頭痛が起こります。これはくも膜下出血の発症の合図です。
突然の激しい頭痛。いつもと違うような頭痛。徐々に日に日に痛みが増していく頭痛。頭痛をほとんど持っていなかったのに、年をとってからの頭痛。
このような頭痛に心当たりがある方は、いつもと同じ頭痛といって見過ごさずに、一度病院で診断してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク